読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Re:Debris.

子持ち会社員(30代後半、男性)がゆるゆると日常を書いていくつもり

若手の指導で気をつけていること3つ_2016/10/27版

日々 技術

下期が始まって約1ヶ月ほど過ぎました。以前書いたように、ほぼ新入社員に近い状態の部下が一人増えました。試行錯誤しながら指導中なので、日々気をつけていることを備忘録的に残しておこうかと。 

neana.hatenadiary.com

  • 教えすぎない

仕事を依頼する際、全体像を説明した上で、なぜこの仕事が必要かを説明するというのが基本だと思ってましたが、 どうも動きがにぶいので探りを入れてみると「全体像を教えてくれるのは良いけど、情報量が多すぎて溢れてしまいます(意訳)」みたいな回答が。以降は本人のキャパを意識しつつ、適度に情報を間引いて説明するようにしています。

 

  • 話しかけやすい空気を作る

「初めての事ばかりだろうから何でも聞いてね!」と言ってはみたものの、気軽に話しかけてくるタイプではないと30分程度で察したので軌道修正。

  1. 週初めに今週の私の予定*1を伝える
  2. 毎日朝イチで「今日は○時~○時が空いてるからよろしく!」と念押し。週初めに伝えた予定に変更があったらここで連絡する
  3. タイミング悪い時に声かけられても、ニコニコしながら*2どのくらい*3待って欲しいかを伝える

 これを心がけていたら、ちょくちょく話しかけてくれるようになりました。よしよし。

 

  • 説明時、過去の自分を投影しながら行う

精神論に近いですが。過去の入社直後の自分を投影しながら説明すると、心穏やかに行えますのでオススメです。

 

結局のところ、相手の様子を注意深く観察しながら、過去の経験に囚われずに、相手の特性に応じて臨機応変にやり方を変えていくのが若手の指導には重要なことかな、と現時点では思ってます。

*1:特に比較的時間の空いてる日

*2:超重要

*3:分単位のオーダで言うのが理想